2008年07月07日

崖の上のポニョ

『ハウルの動く城』以来となる、
スタジオジブリの新作大作。

比較的小粒とされるこの夏公開の映画では、
唯一手堅い興行収入が当て込まれている作品であります。

かの名作『人魚姫』にインスパイアされたアニメ、
というところまでは知っておりましたが。

まさかこんなことになっているとはァ!!!!(ジョジョ風に)

以下軽いネタばれあり。

いままでの宮崎作品のなかでは、1時間40分ちょい、
という短めな上映時間に、なんとなく予感はされていましたが。

やはり。

ハウル同様に。

これは。

無理やり7月下旬の公開日に押し込んだ感アリアリな、
説明不足オラオラな感じであります。

もう10〜20分増やして、
ポニョの親父がどうして人間やめたのか、
どうやって奥さんに出会ったのか、
そしてソウスケ少年(主人公)が
乗り越えた試練ってやつが短すぎでしょ云々、
的なところをクリアした完全版をDVDとかで
出してくれたら買い、なんだけどなあ。
勿体無い。


水棲生物と人間の子どものふれあい、的な
ストーリーアニメでいくと、昨年公開の
『河童のクゥと夏休み』
のほうが圧倒的に出来がいいと思いますね。

河童のクゥと夏休み 【通常版】
アニプレックス (2008-05-28)
売り上げランキング: 571
おすすめ度の平均: 4.0
2 過剰演出です。
5 本当に真摯☆
2 主人公がクレヨンしんちゃんだったら泣けたかも
4 リアルな現実
5 本当にすばらしいですから、




メインターゲットが幼児〜小学生ゾーン、というなら
まあ、わからなくもないですが。
その層はポケモンとか劇場版ナルトとか
そっちいっちゃいそうな気がしますもので。

同じアニメ作品だと、
オトナ向けでは同じく7月下旬公開の
『カンフーパンダ』
に期待できそうな気がしております。

とはいえ、作画クオリティはさすがなものがあります。
手堅く集客はできるでしょうから、
見所はのがさぬよう。

個人的ポイントとしては、
山口智子の声優ぶりと、
矢野顕子の声優ぶりぶりですね。特に後者のボイスの
使いどころの旨さに感心です。すげえ。

あとは、、、
どう見ても美輪大先生にしか見えない、
ポニョの母親初登場シーンとか、ですかね。

もう齢70を超えられた宮崎監督ですが、
そうはいっても次回作(もしあるなら)に期待してしまいますね。

ポニョ。かわいいよポニョ(半魚人モード萌え)。






posted by andycandy at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。