2007年05月28日

河瀬監督『殯の森』カンヌグランプリ


第60回カンヌ国際映画祭の授賞・閉会式が27日夜(日本時間28日未明)、フランス南部カンヌの映画祭主会場であり、河瀬直美監督(37)の「殯(もがり)の森」が最高賞「パルムドール」に次ぐ審査員特別大賞「グランプリ」を受賞した。



グランプリ、ときくと普通は一位かと思いますが、
実は真の一位はパルムドールなんですよね、カンヌの場合。

パルムドールはクリスティアン・ムンジウ監督の
『4カ月、3週間と2日』。

日本では松本人志の『大日本人』が
話題先行、というかあれは宣伝のみなさまお疲れ様です、
という感じなのですが、フタをあけて見れば、
順当に実力派が結果を残しましたね。

「殯の森」はグループホームで暮らす認知症の男性とわが子を亡くした介護士の女性が、男性の妻の墓を探して森の中をさまよう姿を通し、人間の生と死の接点を描いた



テーマの重さと、自然の美しさの
対比が絶妙な作品ですが、
テーマ性ではあの『誰も知らない』ばりのスマッシュヒットとなるかどうか。公開が待たれます。


posted by andycandy at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(2) | Mooooviez!!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-06-01 04:29

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 13:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。