2008年05月31日

ラスベガスをぶっつぶせ

実話を基にした、
いわゆる Based on a true story な作品。

MITの理数系の天才たちが、
「カウンティング」という
まあ一種の超絶な目視による暗記術を駆使して、
ブラックジャックで一儲けを企む、という
ストーリーですが。

ひさびさに最後までスーッと一気に見れる作品でした。

※以下ネタばれあり気味

ぼろ儲け → 内紛、挫折、一文無し → MITの卒業単位すら失う

→ どん底 → 逆襲 → 卒業

という流れ。

これだけ見ると、アクションものにありがちな展開やんけ、
と思うかもしれないが。

いやー、意外とツボはおさえつつ、飽きさせない。
ひさびさにブラックジャックやりたくなった。
というかラスベガスのベラッジオにいきたくなった。
噴水ショー見たい・・・。
そして懐かしくなる学生時代。

ラストの大団円すぎっぷりはちょっと・・・と感じるかも
しれないけどね。

まあここしばらくはナルニアに大行列な状況ですけど、
こっちのほうが2時間満足して帰れると思う。
数学とかにアレルギーのあるド文系な方々でも
エンタメとして純粋に楽しめそうだ。


ラス・ヴェガスをブッつぶせ!
ベン・メズリック
アスペクト
売り上げランキング: 2939
おすすめ度の平均: 4.5
5 確率的有利さを逆転させる
3 ほんまかいな…。ラスベガスの光と闇を見た。
5 カードカウンティング。

posted by andycandy at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | Mooooviez!!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ラスベガスをぶっつぶせ
Excerpt: 最近、公開されたばかりのこの映画。品行方正な警察官の娘として育ったせいか、どうに...
Weblog: shuiro note:
Tracked: 2008-06-03 03:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。