2009年03月14日

『ウォッチメン』

3月28日公開の映画、『ウォッチメン』を見てきました。
いわゆるアメコミ原作もののひとつ。

ケネディ暗殺事件、ベトナム戦争、キューバ危機…。
かつて世界で起きた数々の事件の陰で、<監視者>たちがいた。
彼らは人々を見守ってきたヒーローであり、
“ウォッチメン”と呼ばれていた。
そして今、一人の男が暗殺されたことからすべては始まった。
殺害現場に残された血が付いたスマイル・バッジ。
殺されたのはかつてのウォッチメンだった…。
その事件を不審に思い、
真相をかぎ回りはじめた“顔の無い謎の男”。
彼が事件を追いかけていく先々で、
かつてのヒーローが次々と殺されていく…。


うーん。
お膝元のアメリカならいいんだけど、
日本だとあらすじからしていまひとつ入り込めない気がする。

で、映像は凄い。
あの『300』の監督が
これでもか!とエフェクトを効かせた
CGの数々が、物凄い迫力と緊迫感を生み出している。

以下ネタバレありけり。  続きはこちら


posted by andycandy at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2008年09月14日

「アイアンマン」

そういえば「アイアンマン」を2ヶ月くらい前に見たまま
すっかり忘れていた。

あ、こっちじゃないですよ?

 続きはコチラ
posted by andycandy at 18:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2008年08月08日

ダークナイト凄い

バットマンシリーズ最新作、
「ダークナイト」。

ダークな伊藤、ではありませんよ念のため。

てっきり最初は
「暗い夜=Dark Night」
だと思っていたのですが、
よくよくタイトルを見ると

「Dark Knight」でした。

暗黒の騎士ですか・・・
某仕手戦で登場したホワイトナイトな人の顔を思い出しましたよw

とまあ戯言はさておき。

これは1800円払っても見る価値のある作品であります。
  続きます〜
posted by andycandy at 19:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2008年07月07日

崖の上のポニョ

『ハウルの動く城』以来となる、
スタジオジブリの新作大作。

比較的小粒とされるこの夏公開の映画では、
唯一手堅い興行収入が当て込まれている作品であります。

かの名作『人魚姫』にインスパイアされたアニメ、
というところまでは知っておりましたが。

まさかこんなことになっているとはァ!!!!(ジョジョ風に)

以下軽いネタばれあり。
  続きます〜
posted by andycandy at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2008年05月31日

ラスベガスをぶっつぶせ

実話を基にした、
いわゆる Based on a true story な作品。

MITの理数系の天才たちが、
「カウンティング」という
まあ一種の超絶な目視による暗記術を駆使して、
ブラックジャックで一儲けを企む、という
ストーリーですが。

ひさびさに最後までスーッと一気に見れる作品でした。

※以下ネタばれあり気味  続きます〜
posted by andycandy at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | Mooooviez!!!

2008年03月01日

『ジャンパー』

ジャンパー 上 (1) (ハヤカワ文庫 SF ク 8-5)
スティーヴン・グールド 公手 成幸
早川書房 (2008/02)
売り上げランキング: 30747
おすすめ度の平均: 4.0
4 ヤングアダルトに留まらず大人も楽しめる作品
原作はこれ。



ドラゴンボールの孫悟空ばりに、
瞬間移動が可能になったら・・・
というSF満載な本作、『ジャンパー』。

時空を超えて「ジャンプ」するのが
「ジャンパー」、というわけですが、
このジャンパーを、かのアナキン・スカイウオーカー役、
ヘイデン・クリステンセンが熱演。

・・・で、そんな瞬間移動が可能だと、
あんなことやこんなことができちゃうわけなんですよ。  続きます〜
posted by andycandy at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2008年02月10日

『ペネロピ』

クリスティーナ・リッチが、
豚の鼻を持って生まれた女の子を演じる、
ジャンル分けの難しい作品。

しかし、これが、意外と!

  続きはコチラ
posted by andycandy at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2008年01月19日

「スウィーニートッド〜フリート街の悪魔の理髪師」 

ティム・バートン×ジョニー・デップという
ゴールデンコンビの最新作がついに。

「チャーリーとチョコレート工場の秘密」路線ではなく、
どっちかというと「コープス・ブライド」路線な感じ。

当たり前か。人がポコポコ死にますからね。

ティム・バートンのコープスブライド 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/03/03)
売り上げランキング: 8647
おすすめ度の平均: 4.5
5 コンキチ&ナターシャの絵本ナビ
5 個人的には「スクラップス」がお気に入りです♪
5 感動しました


続きを読む
posted by andycandy at 18:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2008年01月03日

『アイ・アム・レジェンド』

地球最後の男
地球最後の男
posted with amazlet on 08.01.03
有限会社フォワード (2007/05/11)
売り上げランキング: 989
おすすめ度の平均: 3.5
3 新作より面白い
4 『ウィル・スミス』期待しています!
4 SF映画ではポピュラーなテーマ



映画化されるのは3度目という、
SF古典の名作。

新種ウイルスの拡散により、
正常な人類は一人だけとなった少し先の未来・・・

で、「正常な」というのがポイントでして。



 続きを読む
posted by andycandy at 03:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年11月15日

実写版ドラゴンボールの配役

2008年夏に、ハリウッド版ドラゴンボールが公開されるらしいのです。

が。

実写版ですよ、実写版!!!

どうすんだよ・・・
かめはめ波とか。魔貫光殺砲とか。

チャオズの自爆とか!

亀仙人の、カメ役とか!

・・・どうやら、悟空役の俳優は決まったようです。

http://cinematoday.jp/page/N0012017

 ストーリーは、テレビアニメの「ドラゴンボール Z」のサイヤ人編、「悟空vsベジータ」の戦いを中心に描かれる。


やはり悟空は黒髪じゃあないとアレですもんね。

てことは・・・べジータ役は・・・
黒髪かつM字前頭部が必須なのか???

しかし、そんなサイヤ人はともかくも、
最大の課題はやはりナメック星人でしょう。

緑だし。触角あるし。

卵生だし。腕再生するし。

ピッコロにはテレビドラマ「バフィー〜恋する十字架〜」などで活躍したジェームズ・マースターズが決まった。


piccolo.jpg
(※画像はイメージです)

ちょ・・・
だれだよ・・・緑なのか・・・?

  続きます〜
posted by andycandy at 12:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年11月06日

『マイティ・ハート/愛と絆』


アンジェリーナ・ジョリーによる、
アンジェリーナ・ジョリーのための映画です。

ジョリー好きには満喫できる反面、
そうでない向きには少々しんどいかもしれない。

昨今乱発されている、
テロとの対決を描いた作品。
この手を散々見た人にとっては

また、これか・・・

と思わずにはいられない感じではあります。
続きを読む
posted by andycandy at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(3) | Mooooviez!!!

2007年09月04日

『HERO』(27/1000)

キムタク主演で破壊的な視聴率を叩き出した
フジテレビの『HERO』。

その劇場版がついに公開に。

でもなあ。

でもなあ。

実はドラマ版は見ていなかったですよ・・・。

破天荒なオレ流検事が華麗に事件を解決していくという
ある種「踊るシリーズ」に共通する
ヒット・メイキングパターン全開の作品なのではありますけれども。

見どころは・・・


続きを読む
posted by andycandy at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年08月01日

『西遊記』(26/1000)

ドラマで人気を博したあのシリーズが
映画化されたというので見てきました。

実はドラマ版を一回も見てないけどね!

見てないけれども、

孫悟空=香取慎吾=主役、突っ走り系

サゴジョウ=内村光良=サブリーダー、まとめ系

チョハッカイ=チビノリダー=ネタキャラ、やられ系

三蔵法師=夏目雅子以来の美人キャラ、だけどちょい抜け系

という基本フォーマットさえ押さえておけば、
特に違和感なく見れる作品でございます。

しかし・・・

『西遊記』の続きを読む
posted by andycandy at 11:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年07月29日

『トランスフォーマー』(25/1000)

サイバトロンVSデストロン、のアレですね。
車や飛行機が人型ロボットに変形するアニメ、
ってことで当時の小中学生は熱狂したものです。

あの往年の名作を映画化、しかも実写で。
当然ながらCGバリバリではありますが。

原作ファンとしてうれしいのは、
コンボイが出ていること。名前は違いますが。

そして。そのコンボイが強すぎる!
敵方のトランスフォーマーを瞬殺。
なのに相手ボスには大苦戦するわけですけれども。

トランスフォーマーV DVD-BOX 1
パイオニアLDC (2003/09/26)
売り上げランキング: 76542
おすすめ度の平均: 5.0
5 1つの王道



『トランスフォーマー』の続きを読む
posted by andycandy at 02:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年07月08日

『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』(24/1000)

もうじき最終章が出版される
「ハリポタ」シリーズですが、
映画版はようやく第5章、「不死鳥の騎士団」が7月20日から
日本でも封切られます。

http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/index.html

前作は「炎のゴブレット」

ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/12/08)
売り上げランキング: 77
おすすめ度の平均: 3.5
4 ちょっと展開が早すぎるかも・・・
3 詰め込まれたストーリー
4 エクスペリアームス!!



ストーリーはまあ、原作を参照のこと、って感じですが、
毎回見るたびに思うのが

ハーマイオニー、、、、嗚呼

ということでして。

続きを読む
posted by andycandy at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年06月14日

『ダイ・ハード4.0』(23/1000)

「世界一ツイてない男」の最新作が、
ついに今月、全世界でお目見えとなる。

今回、一足早く世界最速の先行公開を
目にする機会をゲット。

場内は空港のゲートばりに
金属探知機など物々しい警戒ぶり。

とはいえ、スパイダーマン3のときのほうが
ハードでしたが。

さて内容はというと。
続きを読む
posted by andycandy at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | Mooooviez!!!

2007年06月06日

オーシャンズ13

スティーブン・ソダーバーグが仕掛ける、
豪華キャストのオンパレードなサスペンス・アクションっぽい作品。

その最新作が、8月に登場ですよ!

・・・この夏は続編モノばっかしですね、相変わらず。
しかし。
実はオーシャンズモノは11も12も見てないので、
しっかり予習しておこうかと思います。

って予習しておきながらオーシャンズ13を見逃す公算大な気も・・・。

オーシャンズ 12
オーシャンズ 12
posted with amazlet on 07.06.06
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/07/01)
売り上げランキング: 4510
おすすめ度の平均: 3.0
5 ゴージャスなスター陣、最高のサウンドトラック、これに尽きます
1 うーん、これはどうなん
3 肩の力抜いて、ややこしいところは軽く無視して、楽しみましょう。


オーシャンズ11 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/12/08)
売り上げランキング: 1797

posted by andycandy at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | Mooooviez!!!

2007年05月28日

河瀬監督『殯の森』カンヌグランプリ


第60回カンヌ国際映画祭の授賞・閉会式が27日夜(日本時間28日未明)、フランス南部カンヌの映画祭主会場であり、河瀬直美監督(37)の「殯(もがり)の森」が最高賞「パルムドール」に次ぐ審査員特別大賞「グランプリ」を受賞した。



グランプリ、ときくと普通は一位かと思いますが、
実は真の一位はパルムドールなんですよね、カンヌの場合。

パルムドールはクリスティアン・ムンジウ監督の
『4カ月、3週間と2日』。

日本では松本人志の『大日本人』が
話題先行、というかあれは宣伝のみなさまお疲れ様です、
という感じなのですが、フタをあけて見れば、
順当に実力派が結果を残しましたね。

「殯の森」はグループホームで暮らす認知症の男性とわが子を亡くした介護士の女性が、男性の妻の墓を探して森の中をさまよう姿を通し、人間の生と死の接点を描いた



テーマの重さと、自然の美しさの
対比が絶妙な作品ですが、
テーマ性ではあの『誰も知らない』ばりのスマッシュヒットとなるかどうか。公開が待たれます。
posted by andycandy at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(2) | Mooooviez!!!

2007年05月26日

続編には中田英も、『ゴール2』(22/1000)

2007年のチャンピオンズリーグは、
ACミランの優勝で幕を閉じましたが。

この『ゴール2』は、
フォワードとして活躍する主人公がなんと、
白い巨人レアル・マドリードで
チャンピオンズリーグを制覇するまでの物語であります。

goal2.JPG

そもそも、『ゴール』は3部作。
貧困層出身の青年がイングランド
プレミアリーグで栄光をつかむまで、が1作目。

そして2作目となる本作では、
プレミアでの実績を引っさげてレアルに移籍し、
チャンピオンズリーグを制覇するまでを描きます。

ちなみに、完結編となる『ゴール3』では、
ワールドカップでの激闘が展開されます。

自分探しの旅にお出かけ中(?)の
元日本代表、中田英寿氏も登場するとか。

さて本作ですが、
ゴールシリーズの見所である、
実在のスーパースターたちの競演は健在です。

アメリカに渡るベッカム、引退したジダンなどが、同じチームで
スクリーン狭しと暴れまわるのはもう映画のなかでしか
楽しめません。

ちょっとベッカムに花をもたせすぎなシーンが目に付く気もしますが。

おそらく次回作では、中田に花をもたせるシーンが出てくるのでしょう。

とりあえず、試合のシーンは、
本物の試合と後撮したものの合成で作られているのですが、
結構うまくできています。
ほとんど違和感がありません。

で、ヒロインですが。
アンナ・フリエル

goal1.JPG

どうですかねー。好きな人は好きかも。

おススメ度☆☆☆☆☆☆=6 

GOAL! STEP1 イングランド・プレミアリーグの誓い スタンダード・エディション
ポニーキャニオン (2006/10/18)
売り上げランキング: 4660
おすすめ度の平均: 4.5
3 宣伝のうまさ勝ち
5 いやぁ、これは掘り出し物
5 クノ・ベッカー大健闘




posted by andycandy at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(3) | Mooooviez!!!

2007年05月22日

お笑いIn U.S.Aの真髄、『ボラット』(21/1000)

日本ではヒットするか微妙なところですが。

カザフスタン人ジャーナリスト、ボラットが作成したドキュメンタリー映画という形式によるモキュメンタリー・コメディ映画。なお、ボラットは、サシャ・バロン・コーエンが主演するTV番組"Ali G Show"(第1期は英国チャンネル4、第2期は米国HBOにて放送された。)のキャラクターの一つ。イギリスで人気者になり、その後アメリカで有名になった。


とりあえず無茶苦茶です。
一応、ストーリーらしきものはありますが、
阿呆道をばく進していく、壮絶な物語であります。

この映画をめぐって、数々の訴訟が起こっている。ボラットはユダヤ人を激しく差別するキャラクターであることから、アメリカのユダヤ人協会は製作に関わったHBOを訴えた(しかし、コーエン氏自身もユダヤ人)。また、撮影に使われたルーマニアの村を「強姦と売春の町」と評したことから、この村も訴える準備をしている。訴訟は起こしていないが、ミシシッピ州のテレビプロデューサーは、ボラットをニュース番組に出演させてしまったことから、責任を問われ解雇された。


いろんなイミでお騒がせ映画なのですが、

続きを読む
posted by andycandy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。