2007年05月20日

2007カンヌ国際映画祭

今回で60回目を迎える、メモリアル開催となるカンヌ国際映画祭。

話題なのは、マイケル・ムーアの最新作『シッコ』、
全貌が一切伏せられている松本人志の『大日本人』、
そしてコンペティションに選出された河瀬直美監督
『殯の森』、といったところでしょうか。

今年のコンペティションはかなり良作ぞろいで、パルムドール選びが
難航するんじゃないかな、なんて思ってみたり。

注目作品は、

ノラ・キョーンズの女優デビュー作となる、
ウォン・カーウァイ監督
『My Blueberry Nights』

殺人鬼との知能戦に翻弄される男たちを描く、
デイヴィッド・フィンチャー監督
『Zodiac』

日本ではすっかり宇宙人キャラとして定着しつつある
トミー・リー・ジョーンズ主演、
ジョエル・コーエン監督
イーサン・コーエン監督
『No Country For Old Men』

もがりのもり、という読みが難しすぎる、老人介護がテーマの
河瀬直美監督
『殯の森 (La Foret De Mogari)』

コロンバイン高校の銃乱射事件をテーマにした『エレファント』も
記憶に新しい、
ガス・ヴァン・サント監督
『Paranoid Park』

わずか2週間で撮影したという、お騒がせ監督の最新作
キム・ギドク監督
『Breath(Souffle)』



とコンペティション部門だけでもこんなに。

やはり一番気になるのは、
ウォン・カーウァイ×ノラ・ジョーンズの
『My Blueberry Nights』
ですね。

一流の歌姫をウォン・カーウァイがどう
料理しているのか、実に気になるところです。

Not Too Late
Not Too Late
posted with amazlet on 07.05.20
Norah Jones
Blue Note (2007/01/30)
売り上げランキング: 185
おすすめ度の平均: 4.0
4 聴こうとしないで自然に流れているのがいいなって
4 前の2つのアルバムとはかなり違う内容
5 ますますチャーミングに!




posted by andycandy at 17:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年05月14日

『ダイハード4.0』など続編モノが続々

ドコモが2.0なら、
ブルース・ウィルスは4.0であった。。。

世界一不運な男こと、マクレーン刑事が
縦横無尽に活躍するアクション映画、
『ダイハード』シリーズの最新作が、
10年ぶりくらいにスクリーンに帰ってくる。

公開は6月。

で、この6月にはもう1作期待の続編ものがやってきます。

そう、『シュレック3』です。3.0ではありませんw

さらに。
『ターミネーター』は6まで作成が決定したようですし、
『スター・ウオーズ』もあと2作の作成にGOが出ました。

うーむ、やはりハリウッドは完全に、

・シリーズモノ
・リメイク
・アニメ

この3パターンでしか興行収入を稼げない、
慢性的ネタ不足に苛まされているようですね。。。

あ、そういえば再来週から、パイレーツ・オブ・カリビアンの
3作目、ワールド・エンドが公開されますな。。。

さよなら、さよならハリウッド
日活 (2005/11/11)
売り上げランキング: 33844
おすすめ度の平均: 4.0
4 あーだこーだ言うまい、この職人芸を見よ!
4 【最近見始めた この監督作品】
4 私は最後のオチが好きだな〜

posted by andycandy at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

ダコタ・ファニングより萌える『リーピング』(19/1000)

ホラー映画が、いまハリウッドで全盛なわけですが。
「ホラーウッド」といわれるくらい、
勢いがあるそうな。
低予算で作れて、日本や韓国に元ネタがいくらでも転がっている
となれば、強欲なハリウッドスタジオ様たちが放って置くはずもなく。

さてさて、本作は、ホラーというか、スリラーというか、
スピリチュアル・ミステリーといいますか。

なんというかカテゴリー分けが微妙に難しい作品であります。

キリスト教宣教師だったキャサリン・ウィンターは、愛する家族を無残に殺害されたことをきっかけに、信仰を捨て、一切の宗教的な現象をあり得ないものとして解析してみせる世界的に有名な専門家になる。しかし、まるで聖書に記されたような疫病に苦しむルイジアナ州の小さな町を調べていくうちに、これが科学では解明できない現象だと気づいたキャサリンは、自らの信仰心を取り戻し、町を脅かす邪悪な力に立ち向かっていく……。


主人公は、あのヒラリー・スワンクなのですが、
オスカー女優である彼女がなぜこのようなB級色濃い作品に
出たのかは、まあ判然としませんけれども、
見所はただひとつ、この子役だ!

チャーリーとチョコレート工場
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/10/06)
売り上げランキング: 5841
おすすめ度の平均: 4.5
3 なんとも言えない作品
5 優しい気持ちになれますよ
5 子供も大人も楽しい



続きを読む
posted by andycandy at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年05月10日

人妻・松嶋菜々子の演技力は、『眉山』(18/1000)

松嶋菜々子の熟女っぷりに注目かと思われた『眉山』ですが。
原作はさだまさし。

東京で働く咲子は、母の入院の知らせを受け、久しぶりに徳島に帰郷する。母子家庭で育った咲子は、気が強く何でも一人で決めてしまう母に寂しさを感じていた。咲子は医師、寺澤から母が献体を希望していることを知り、いらだちは募る。ある日、母の友人から箱を手渡される。中には、死んだと聞かされていた父から毎年届いていた手紙の束が入っていた。隠された母の恋を知った咲子は、東京に戻り、両親の思い出の場所を訪ね歩き…。


松嶋菜々子が娘役、そして御大宮本信子が母役。

bizan001.jpg
少なからず反発していた母子が、
母の病を契機に絆を取り戻していく物語。

続きを読む
posted by andycandy at 00:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年05月03日

今後のラインナップ

駄作が多いとかそういうツッコミは堪忍しておくんなまし。

『恋愛睡眠のすすめ』
『プルコギ』
『ハリウッドランド』
『映画監督、ばんざい』
『眉山』
『プレステージ』
『極大射程』
『選挙』
posted by andycandy at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

4月公開作で最高の出来、『ボンボン』(17/1000)

うだつのあがらない愛すべきおじさんと、
一匹のぶちゃいくな犬が織り成す人情喜劇。

初老のビジュガスは、寂れた道路沿いのガソリンスタンドで20年間働いてきた。しかし、ある日突然スタンドが売却され、あっけなくクビに。手彫りのナイフを売って生計を立てようとするが、うまくいかず身を寄せている娘夫婦の家にも居場所がない。ある日、仕事の途中で車が故障して困っている女性を見つけ、修理を手伝ったお礼に、白い犬をもらう。ドゴ・アルヘンティーノという血統書付の名犬は人々に注目され、やがて…。


恐ろしく金のかかっていない作品ながら、
漂う雰囲気は出色。

主演のビジュガスが、俳優ではなく
ドシロウトというのもすごいが、
映画のクランクアップ後は、もとの
駐車場管理の仕事に戻ったという逸話もすごい。

出てくる人も犬もことごとく魅力的。
オチは勘のいい人なら途中で気づいてしまいそうだけれど、
それでも柔らかな笑いを誘う秀作であります。

珍しいアルゼンチン映画でもあります。

オススメ度(10段階で)☆☆☆☆☆☆☆☆★=8.5


posted by andycandy at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年04月30日

デンマーク発の人形劇、『ストリングス〜愛と絆の旅路』(16/1000)

くさなぎ先生と香取先生が声優してるので、
ジャニーズ関連番組での告知合戦が物凄いわけですが。

全ての人間の手足、頭からそれぞれの糸がはるか天上へと伸びているマリオネットの世界があった。その片隅、へバロン王国では何百年にも渡り争いが続いていた。ある嵐の夜、年老いた国王カーロが頭の糸を切って自害する。自らの行いを悔い、息子ハル王子に平和を託したのだ。しかし、君主の座を狙う弟ニゾは遺書を破り捨て、敵対するゼリス一族の長、サーロの仕業と見せかける。暗殺されたと信じたハルは、仇を撃つため旅立った。


操り人形劇風の物語でございます。

人形のデザインが、デンマーク、というか
北欧風劇画タッチの物々しさなので、
ビジュアル段階ですでに好き嫌いが分かれまくりそうですね。

しかし。

続きを読む
posted by andycandy at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | Mooooviez!!!

女子高生になりたい?『明日の私のつくり方』(15/1000)

成海璃子は今年頂点を極めるかもしれない。

今年主演映画が3本公開になる成海璃子の
第2弾がこの『明日の私のつくり方』。

tukusikra2.JPG
日南子(かなこ)は、かつてはクラスの人気者だったが、ある日突然いじめられる存在になってしまう。寿梨(じゅり)は、小学校の卒業式の日に日南子と交わした言葉が忘れられない。「本当の自分」と「偽物の自分」。共感し合いながらも、それ以来疎遠になる二人。やがて高校に進んだ寿梨は、噂で日南子が引っ越したと聞き、突然彼女にメールしようと思いたつ。寿梨はコトリと名乗り、「ヒナとコトリの物語」をメールに綴り始める。


見どころですか?
それはもう、アレです。。。続きを読む
posted by andycandy at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年04月29日

見えざる神の手を描く、『バベル』(14/1000)

最初は『バブル」かと思ってました。マジで。
意外と主演バブル青田とかでリメイクされそうですね
Vシネマあたりで。。。

さて。

菊池凛子のアカデミー助演女優賞ノミネートで
一時話題沸騰した『バベル』ですが。
ケイト・ブランシェット萌えな私にとっては、
あまり気にならないポイントでして。

もちろん、菊池凛子の体当たり演技は見事なものですが。
なんか、こう、髪型とか。
日本人と韓国人とあと香港あたりの若者を
ミックスしたかのようなキャラ設定に違和感を覚えたんですな。






続きを読む(ネタばれするかも)
posted by andycandy at 14:37 | Comment(3) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年04月28日

GWオススメ映画はこれだ

皆様大型連休初日はいかがお過ごしでしょうか。
海外へ高飛びしてみたり、
家でまったり過ごしてみたり。
あるいはひたすら寝倒してみたり、
とひとそれぞれでしょうが。

あえて映画館に行く!!!
という酔狂な方に。

オススメ映画はこれだ!

posted by andycandy at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年04月20日

『ラブソングができるまで』(13/1000)

ラブコメ千両役者、ヒュー・グラントと
ドリュー・バリモア初共演となるラブコメ映画。

http://wwws.warnerbros.co.jp/musicandlyrics/

ヒュー・グラントの80年代風イメージビデオが
いきなり目に飛び込んでくるが、
そこで怯んではいけない。

笑い飛ばさなくてはならないのである。

基本的に、ヒュー様の出る作品は「BないしC級、へたするとD・・」
というイメージを持つ私としては、ちょいとばかり
見るのに勇気を要したのは紛れもない事実である。。。が。

songsong01.jpg

80年代に爆発的な人気を博した5人組、“PoP”のメンバーだったアレックス。しかし、解散後に発売したソロアルバムが泣かず飛ばず。今では、過去のスターとなっていた。ある日、若者に絶大な人気を誇るシンガー、コーラ・コーマンからアレックスに、曲の依頼が入る。またとない復活のチャンスだが、曲を書くのは10年ぶりで、作詞が出来ない。そんな時、自宅の植木係りとして雇ったソフィーに作詞の才能があることに気が付く。


予想外によかった!
ヒューとドリューの出会い方が強引すぎる、
ていうかハーレクイン的ですが何か?という
気がするのを差し引いても、悪くない出来栄えである。

続きを読む
posted by andycandy at 21:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年04月18日

『ゲゲゲの鬼太郎』(12/1000)

ついカッとなって見に行ってしまったのであります。

ウエンツ瑛士が鬼太郎役を熱演する実写版
ゲゲゲの鬼太郎。

http://www.gegege.jp/

ドメインがgegege.jpってのも凄いですが。。。

まあ、あの水木しげるの名作を実写化するわけですから、
うまいことCGを組み合わせて表現するしかないのですが。

見どころは、うーん、そうだなあ・・・
著名な方々がいろんな役どころで醜態を熱演を
披露しているところですかね。

gegege.JPG

室井滋とか、よく砂かけ婆役を受諾したよなあ・・・

続きを読む
posted by andycandy at 08:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

『スパイダーマン3』後編

直訳すると
「蜘蛛男・第3章」
とでもなるのでしょうか。なんだか明智小五郎でも
登場しそうなタイトルですね(古くてスイマセン)

2時間20分という時間を感じさせない
ジェットコースターなストーリー展開は、
GWのけだるい雰囲気をぶっ飛ばすには
もってこいなのですが。

映画“作品”としてみた場合、
「?」が残るポイントが多いのは玉にキズ、といったところ。

ブラックスパイダーマンはカッコいいのに!

以下ネタばれあり
続きを読む
posted by andycandy at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年04月17日

『スパイダーマン3』(11/1000)前編

日本で世界最速公開(5月1日)な
シリーズ最新作を、一足先に見てきたであります!

070416_1306~0001.jpg
場所は六本木ヒルズの
TOHOシネマズ。

ていうかやはり注目度の高さゆえに
人が多すぎます。

にしても行列が長すぎるな。。。
と思ったら、
なんと空港並のセキュリティチェックが!

金属探知ゲートをくぐらされたうえ、
ケータイ、デジカメの類は預けなくてはなりませんでした。

ここはジャニーズかハロプロのコンサート会場ですか!?


続きを読む
posted by andycandy at 00:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年04月15日

『ロッキー・ザ・ファイナル』(10/1000)

言わずと知れた、シルベスター・スタローンの
不滅の金字塔『ロッキー』シリーズ最新作にして最終章。

http://movies.foxjapan.com/rockythefinal/

原題は『ROCKY BALBOA』。
ロッキーって、本名はロッキー・バルボアだったんですね。
つまりは結婚後にはエイドリアン・バルボアだったわけですな。
不勉強でした。。。。

ロッキーシリーズをおさらいしておくと、
1976年の『ロッキー』がアカデミー最優秀作品賞を
ゲットして以来、これまで5作が作られた、
とあるボクサーの物語であります。

ロッキー (特別編)
ロッキー (特別編)
posted with amazlet on 07.04.15
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007/03/23)
売り上げランキング: 207


うーん、懐かしいビジュアルですね。
全米だけで、当時の1億ドルを稼いだお化け映画でした。

映画の主人公ロッキーが生き甲斐を持てずに彷徨い続ける日々から一夜にして栄光を掴んだように、主演と脚本を担当したスタローンが無名俳優から作品の大ヒットで一躍スターダムに上り詰めた快挙は映画ファンの間で20世紀最大の奇跡と評された。「愛」「友情」「努力」を社会的弱者の立場から描いた同作品は世界中の若者に計り知れない影響を与えたという見解も決して過言ではない。


そして、それから30年越しの第6作目となる本作はといえば。


続きを読む
posted by andycandy at 18:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年04月14日

『プロジェクトBB』(9/1000)

決して、ブロードバンドがらみの、
ましてやインターネットがらみの作品でありません。

http://www.projectbb.jp/top.html


bbbbb.JPG
ひさかたぶりに、ジャッキーチェンのアクションを
見た気がします。

プロジェクトBBとは、プロジェクトBaBy、つまり
「赤ちゃん計画」という意味。その意味するところとは・・・。




続きを読む
posted by andycandy at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

『ブラッド・ダイヤモンド』(8/1000)

文字通り、幾千の、いや幾万の血に染まった
紅き宝石をめぐるストーリー。

http://wwws.warnerbros.co.jp/blooddiamond/

スコセッシがオスカーを獲得した『ディパーテッド』の役どころも
ぼちぼちでしたが、やはりレオナルド・ディカプリオらしさ全開なのは、
本作のような、過去に陰のあるちょいワルキャラなのではないかと。
で、ヒロインに影響されて最終的には善の道を志向するようになるが・・・世の中そうそううまくはいきませんよ・・・という
毎度おなじみの落としどころが切なさを誘います。

舞台はアフリカ・シエラレオネ共和国。

続きを読む
posted by andycandy at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年04月11日

『ホリデイ』

決して、モノマネ芸人「ホリ」の日、という意味ではありませんよ
もちろん。

キャメロン・ディアス、
ジュード・ロウ、
ケイト・ウインスレット、
そしてジャック・ブラックという
豪華なカルテットが揃った、
まあおとぎ話のようなラブ・ストーリーが展開されるわけでございます。

ともに彼を失ったL.A.在住のキャメロン・ディアスと
ロンドン在住のケイト・ウインスレット。

二人が傷を癒すべく、互いの家を交換して
休暇をすごすことからストーリーは始まる。



続きを読む
posted by andycandy at 23:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年03月29日

「o.b.t.o」を知っているか? 

「o.b.t.o」といきなり言われても、
何のことやらさっぱりわからないわけですが。

この頭に

「東京タワー」
と付くだけで、だいぶその正体が見えてきます。

そう、「o.b.t.o」とは、、、


オカンとボクと、時々オトン、の略だった!

いや、どうでもいいんだけどね。。。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー
扶桑社 (2005/06/28)
売り上げランキング: 1192
おすすめ度の平均: 4.5
5 息子の母親に対する気持ちの描写が大変すばらしいです
5 うるおい
5 泣ける


映画版のリリー・フランキー役はオダギリジョー。
やはり、『ゆれる』で見せた演技がピークだったんでしょうか。。

否、あれは西川美和監督の手腕だな、うん。シナリオもいいし。

ゆれる
ゆれる
posted with amazlet on 07.03.29
西川 美和
ポプラ社 (2006/06)
売り上げランキング: 19162
おすすめ度の平均: 5.0
4 映画ありきの小説だが、しっかりしこりの残る読後感。
5 映画と相互に補完し合ってひとつの世界を創り上げている
3 心理描写を描く上手さ。でも、何のための小説かわからなかった


posted by andycandy at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!

2007年03月17日

『アンフェア the movie』(6/1000)

篠原涼子ブレイクの先駆けとなったドラマ、
『アンフェア』。

アンフェア DVD-BOX
アンフェア DVD-BOX
posted with amazlet on 07.03.17
ポニーキャニオン (2006/06/07)
売り上げランキング: 164
おすすめ度の平均: 4.5
4 なかなかおもしろかったです
4 最後の最後まで・・・
4 中々異質な作りなんじゃないか!? これって!!



その後ドラマスペシャルを経て、
ついに映画化の運びと相成ったわけですが。

見てきましたよ、その無駄に美人っぷりを!

ネタばれつきで!


続きを読む
posted by andycandy at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mooooviez!!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。